光回線からWi-Fiを飛ばす方法

一人暮らしを始めると、ネット回線選びに悩みます。実際に、インターネット契約のほとんどが2年縛りがあるので、一度契約すると次のプロバイダに乗り換えるのは簡単にできないので、ネット選びは慎重に行う事が必要です。

中でも悩むのが、光回線をつなぐか、Wi-Fiルーターでつなぐかという選択です。一人暮らしの場合、ワンルームなど、部屋数が少ない場合が多いので、Wi-Fiルーターでも十分役に立つという人もいます。実際に、Wi-Fiルーターなら持ち運びもできるので、外出先で使えるというメリットがありますが、光回線に比べると速度が遅く、安定性にかけるため、結局は光回線に乗り換えたという話もよく耳にします。

実際に、パソコンやスマホを良く利用する場合は、速度が遅かったり、つながりにくかったりすると、かなりのストレスを感じます。頻繁にスマホや、ネットを利用する人は光回線を利用する人が多いのが現状です。

普段そんなに利用しないが、ネット環境は必要というひとはWi-Fiルーターでも十分に用が足りるので、自分のネット環境を考慮して、プロバイダやWi-Fiルーターかの選択をする事が大切です。いずれの場合も、金額的には大差ないので、住んでいるアパートの光回線の状況なども、事前に確認して不要な工事がいらない物件などを探しておくことも大切です。

有線からWi-Fiを飛ばす方法

自宅のネット環境をもっとよくしたいと思っていても、何から始めていいのかわからずに結局放置してしまっている人も多いのが現状です。自宅で気軽にWi-Fiを利用するためには、プロバイダとの契約を変更する必要があるのでは?とめんどくさがっている人も多いのですが、じつは、Wi-Fiを自宅で飛ばすためには、新たな契約は必要ありません。

今使っている有線のルーターに無線LANルーターをつなぐとだけで利用できるようになります。無線LANルーターは電気屋さんで簡単に購入する事ができるので、気軽に自宅のWi-Fi環境を整える事が出来ます。
後付けの無線LANルーターを使えば、気軽にWi-Fiを利用する事ができますが、設定や購入を自分で行う必要があるため、機械が苦手な人にとっては結構面倒な作業になってしまいます。
その場合、知り合いなどに設定をお願いしたり、電気屋さんで購入する時に設定方法を説明してもらうなど、購入後放置する事なく、スムーズに設置するように心掛ける事が必要です。

また、どうしても設置が難しい場合は、パソコンが起動しているときだけ利用できるUSB形式の無線LANを契約するなど、自分が利用しやすい状態の機会を探して利用する事が大切です。
一番いいのは、やはり後付けの無線LANルーターを購入してつける事です。一度つけてしまえば、スマホやプリンターなど、あらゆるものを無線LANで利用する事ができるので、はじめの一歩を頑張って、より良いWi-Fi環境を整える事が大切です。最初の難関を乗り切れば、スムーズに快適なネットライフを過ごす事ができます。